acomagu's diary

思ったことを書きます。技術的なことは書きません。

GopherCon2018 にスカラシップで参加してきた

GopherCon2018 に参加してきたので、そのレポートを書いていきたいと思います。

https://www.gophercon.com/

スカラシップに応募した動機

今回のGopherConへの参加は、メルカリさんが実施するスカラシップへの参加という形で実現したものになります。

Go Conference レポート & Mercari BOLD Scholarship for GopherCon 2018のご案内 - Mercari Engineering Blog

応募した理由としては、

  • Goが好きだから

という一点でした。自分は普段から趣味でGoを書いていて、Goの可能性を追求したいと思っています。今回のカンファレンスでは世界の人々がGoをどう考え、どう使っているのか幅広く聞くことでGoについてもっと知れたらなと思い参加することにしました。

セッション感想

印象的だったセッションを挙げたいと思います。

"Becoming a Go Contributor"

「どうやったらGoのコントリビューターになれる?」というテーマのプレゼンです。これが結構自分には予想外の視点で面白かったです。

まずいくつか「何をコントリビュートするか」について例が出されていました。印象的だったものを2つほど挙げてみます。

まず一つ「ドキュメントにExampleを追加する」というものでは「 fmtバッケージ には多くの機能が存在するがExampleはひとつしかない」という事例が紹介されました。

また「ドキュメントを改善する」の例では scrypt.Key() についてドキュメントの引数の推奨値が2009年の値で止まっているということを問題点として挙げ、コントリビュートしたそうです。

x/crypto/scrypt: update recommended parameters · Issue #22082 · golang/go

どちらの例も「意外とこれならできそう」と感じさせるものだったと思います。今までGoのコントリビュートの仕方は「悪いところを修正する」という形でしかありえないのだと漠然と思っていましたが、もっと普遍的に「どう改善できるか」と考えて良いんだなと思えたことが印象的でした。

更に話は続き、その後は「何をコントリビュートするか」以外の「どうやってコントリビュートするか」という方法の話がありました。

個人的にはそこで Gerrit (Googleで使用されているGitHubのようなもの。Goにコントリビュートする際も使用する必要がある)の特殊性が気になり、後々懇親会でGoogleの方に聞いてみたところ「Gerritはいいぞ〜」と言っていたことが印象的でした。スライド内では Gerrit の学習ができる空リポジトリが紹介されていたので、使ってみたいと思います。

scratch - Git at Google

"Machine Learning on Go Code"

こちらは「Goのソースコードを利用して機械学習してみる」という内容の発表。

まずcharRNNというアルゴリズムを利用してソースコード生成を試しますが、それっぼくはなるけどまだ使い物になる段階ではないという結論に。

じゃあソースコードへの機械学習は現段階で何に活かせるのか? というところでバグの発見や、プログラミング教育向けのコードレビューに利用できるのではないかとの提案がありました。

個人的に好きだったのは「関数の内容から関数名の提案ができるのでは」というアイディアで、Goではプロジェクトごとに小さくてよく似た関数を多く作る傾向がある分実用性もある程度出てくるのではないか? と思いました。

最後は「AIはプログラマの仕事を無くすのか?(いや、無くさない)」という議論で終わりましたが、機械学習の話は夢がありますね。個人的には趣味でプログラミングができればいいので仕事としてのプログラミングはなくなってしまえばいいと思います。

GopherCon2018 を終えて

他のどのセッションも興味深かったですし、世界規模のカンファレンスのレベル感を肌で感じることができました。

それから会場の誰にGoの話を振っても通じるというGopherConならではの感動も味わうことができました。あらゆる環境でGoを使っている人がいたので、カンファレンスも必然的に面白くなるんだなという印象を受けました。

海外の方は皆さん知らない方ともずっと議論しているのですごいですね。Go2の話題を振ったら完全に置いて行かれたので次は頑張りたいです。

Goやそれ以外のことについてもたくさん学べた一週間だったと思います。ここで受けた刺激をモチベーションとして来年のGopherConまで頑張っていきたいと思います。

オブジェクト指向は難しくない(「staticおじさんの逆襲」への反論)

qiita.com

これを読んでいろいろと言いたいことが出てきたので書いておく。

以下に記事の最後のこの記事で言いたかったことから2つを引用します。

オブジェクト指向は難しい。

(どのあたりのことを「難しい」と言っているのだろう)まず「継承は難しい」旨が書いてあるが、それはオブジェクト指向使いの中でも常識で別に継承無しでもオブジェクト指向はできる。「継承よりもコンポジション」というのは間違っても「オブジェクト指向はダメだ」というメッセージではなく、オブジェクト指向の中での方法の話である。

デザインパターンが難しい」という話も同じで、別にデザインパターンを意識しなくてもオブジェクト指向は十分にできる*1

ただ、だからといってオブジェクト指向をやるのが難しくないというわけでもない。「問題を(オブジェクトに)抽象化するのが難しい」と言っているのであればそれはそうで、適切な抽象化を簡単にする方法はまだ誰も見つけていないように思えるし、適切な抽象化が無いことにはオブジェクト指向のメリットは得られない。ただし、「適切な抽象」を考えることは本質的には課題を理解し分割して名前をつけるようなものなので、関数型プログラミングならそれなしにできるかというと疑問だ。

例えば「円からドルへの変換」するプログラムを関数型パラダイムを使用して書くことを考えてみたいと思う。これは単純で、円の値にドルへの為替レートを掛ければ良いと思う。じゃあそこで「ドルから円」「円からユーロ」の変換する必要も出てきたらどうだろうか。「円」や「ユーロ」は「通貨」へ、「円からドルへの変換」は「通貨から通貨への変換」へと抽象化したくなるのではないだろうか。すべての抽象化はその延長上にある。オブジェクト指向でもほぼ同じで、それらの違いはデータ(「通貨」)と操作(「変換」)を近くに置いてより豊かな抽象的表現を追求するか、あるいはそうではなく純粋関数から得られるメリットを重視するか程度だと思う。

よってオブジェクト指向が特に難しいわけではなく「オブジェクト指向では抽象化がより重視されている(そして抽象化は難しい)」程度の認識が正しいのかなと思う。抽象化なしにはプログラムの可読性も柔軟性も(正しい変数名さえも)得られないので、その点で関数型プログラミングのほうが優れているということは無いと思う。

複雑さはそれ自体害悪である。単純なのはよいことだ。

「単純」がどのベクトルを指して言っているのかいまいちわからないけれど、例えばそれが「コード量」の話であるなら最も単純なのはオブジェクト指向でも関数型でもなく、命令型プログラミングになると思う。

オブジェクト指向でも「抽象化しすぎ」という状態はある。例に上がっている「FizzBuzzEnterprizeEdition」は明らかにその状態だと思う。可読性や柔軟性が十分であるのにそれ以上のカプセル化ポリモーフィズムを多用することが無意味な複雑化につながることは想像に難くない。

元記事に書いてあるとおり、僕達は「複雑な課題を簡単に解決する」ために抽象化に頭をひねらせる。課題が十分に複雑でないなら、抽象化なんて要らない。

まとめ

  • オブジェクト指向は難しくない。難しいのは抽象化である。
  • 継承もデザパタオブジェクト指向プログラミングをする上で必須なものではない
  • 抽象化こそがプログラムの可読性と柔軟性を作り出す(これは元記事にも書いてある)
  • どちらにせよ抽象化し過ぎは悪。

思ったこと

自分も数年前までは「これからは関数型の時代だ!」と思ってオブジェクト指向を禄にやっていなかったのだが、いろいろあってちゃんと勉強したら「長く支持されているものにはちゃんとした理由があるのだなあ」と実感した勢なので、「オブジェクト指向よく知らないけれどオワコンなんじゃないの?」と思っている人たちは一度どっぷり浸かってみてほしいと思う。

おわり

*1:そもそもデザインパターンは言ってしまえば「パターン」でしかないのでオブジェクト指向の本質でもなんでもない。(個人的には)使えるときに使ったらいいという感覚

Vim

VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimV

VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi VimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvim ImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimv MvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImviMvimVimvImvi

毎日毎日同じようなことを書く

5日に一回限界を迎える精神の中で生きるもう飽き飽きよね周りからしても自分からしても。

「書きたい」という衝動ってずっとあって、それが最近はブログに向かっている感じ。もちろん分量とか気分によって Slack とか Evernote に書いたりもするけど。

まあ分量と言っても、こうやって書き始めてる今でも何を書くかなんて決まってないんだけどねーやるせない感情が沸き起こったときに、「書きたい」という衝動だけがあるかんじ。何を書くかなんて書き始めてみると全然ない。

というか毎回おんなじようなことなのよ。その時どきは新鮮に感じるんだけどね。


キャパがないってことなのよ。心に余裕がないの。すぐいっぱいいっぱいになってヤケになったり眠り姫になったりしんどい野郎になったりする。コーヒーは最高よ。あれは麻薬だもの。

だからそうやって日がな一日毎日毎日毎週毎週アニメを見てキズナアイに愛を囁いているの。そうなのよきっと。

ああだめ、崩壊してきた。


人ってどうして人を気にせずにはいられないんだろう。主語がでかい? そういうことじゃなくて。

んーなんと言うか「なんで多くの人がデフォで人を気にする性質なんだろう」って。最初からぜんぜん人のことが気になんない人なんて殆ど聞かないじゃん? きっと。

それを考えることになんの意味があるのかって? だって「頭いい人っぽく話す」ってこういうことじゃん? わざわざ「社会的」な問題を提起して、他人事のように怒ったり議論したりする。本当は超個人的な不満でしかないのに。

でもそうやって自分を騙さないと、普通の人なら生きて行けない社会なのだと思うの。もう人は隣の人に共感してもらえるだけじゃ満足できない生き物になってしまったの。わかるかな。スター10じゃ満足できないでしょ? だからできるだけ自分から「不満」を「社会的な現象」にするの。そうしてウケそうなら発信する資本家気取り。 #インフルエンサー 。そうすれば自分の感情に「付加価値」がつくって、みんな気づいてしまったから。

んー穿った見方をすると簡単に真理に気づいた感じになるってヒッキーが言ってた。


はあーじゃあ。どうして自分は人を気にせずにはいられないんだろう。

でもそんなことに理由なんてあるわけ無いじゃん。性格だって。

可も不可もなく平坦に今日を進むということ

可も不可もなく、いや

ちゃんとしている人からすれば断然「不可」かもしれないけれど。

気持ち的には可も不可もなく、落ち込まず、でも特によくできたぞ自分、と褒めるほどのこともなく。平坦に、凡庸に進んでいく今日この頃(ここ数日)。

こうしてブログを書こうと思ってもなにも書きたいと思うこともないようなそんな日々を過ごしていると、昔読んだ「ブレイブストーリー」の、長いながーい砂漠みたいな道を馬車みたいなやつで緑色のなんかモンスターっぽいやつと一緒にゆったり進んでいくシーンを思い出す。多分初めの方だったよねあれ。

「疲れない日々」が嫌いだったな、とふと思い出した。大学入りたての頃は。

高校まではとにかく部活漬けで、大学に入ったらそれが急になくなってでも「大学生になったらやりたいこと」はたくさんプランがあった頃で、それでなんかやんなきゃもったいないと常に思っていて、とにかくエネルギーが切れるまでイベント参加したり開催したり、留学行ったりいろいろ人巻き込んだりして、でもすぐエネルギー切れ起こしてしばらく引きこもるのを繰り返してた日常。

そのなかでめっちゃ人にいろいろと迷惑かけたのはそうだけど、自分自身も少しずつ、「ああ、自分ってこういうことどうしても苦手なんだな」って体で理解していったりもした。

何回もの「もう二度とこんなことやらない」を経た後にちょっとずつ学んで、まあ言ってしまえば大抵の「意識高い系」活動とかは控えるようになって(傍から見ればそんなにやったわけじゃないかもだけど)、最近はもうすっかり技術しかしない引っ込み思案コミュ障エンジニアとなってしまった。

それは、悪いことだったのだろうか。

ほんの2年前の自分に言わせれば、それは「敗北」であることは間違いないだろう。僕は負けた。ずっと変わりたくてたくさんつらい思いもしたのに「なりたかった自分」の一つにも近づけている気がしない。高校時代のときに見た夢、留学に行くときに見た夢は全部自分が変わる夢で、全部実現することはなかった。それに悲しさとかやるせなさを決して感じないわけじゃない。

でもそれよりも何よりも、今一番にあるのは「諦め」だ。

少しでも理想の自分に近づけると信じていろんなことし続ける中で、「できない悲しさ」とか「やるせなさ」はもう十分すぎるほど感じた。もうそろそろ良いんじゃないかという気持ちだ。正直言ってそれだ。いろいろ理由付けはできるけど何よりも「もう理想と自分を比べて嫌な気持ちになるのに疲れた」ってところだ。その方面で頑張るのに疲れた。いや、行動を起こすたび、ずっと死ぬほど疲れてた。でもなぜか毎回少なくとも数週間経てば謎のエネルギーが湧いてきてた。でもそれも終わったらしい、というか、そろそろ学習したって感じだ。ある人はもしかしたら歳を取ったと表現するのかもしれないけど。

そんなこんなで僕は自分の、半ば自動的な「諦め」に気づいていくなかで意識的に別の方向に目を向け始めている。

自分が苦手なことはなんなのか。今まで目をつぶって「できる、できる」と思い続けてばかりいたせいで実はちゃんと考えていなかったらしい。それから逆に、得意なこと。それらをちゃんと考えて、得意なことを意識的にちゃんとやるようにしている。そしたらいろいろと気づきがあって、得意なことをやるってそれだけですごい楽しいなって改めて思ったり、考えてみたらやりたいことがどんどん出てきたりして、ちょっとの間このままでもいいかなって思ってる。

「希望」だ。「このままでもいい」かもしれない、という本能的な「希望」がそこにあった。大げさな表現かもしれないけれど、ここ数週間は本当に自然に言葉になるくらいじわりとそれを感じていた。

改めて、問いを戻そう。

頑張ることをやめて、ただの「コミュ障エンジニア」に戻ってしまったことは悪いことだったのだろうか。

今はまだ保留としておきたい。ただ、もう少し、希望を持って「こっち」を見てみようかなと思っている。

時間を失ってしまうこと、置いて行かれるんじゃないか、努力してた頃の自分に戻れなくなるんじゃないかとか、拭いきれない不安はまだ正直いろいろあるけど。とりあえず、思い切って。

最近はそんな感じ。

今まで見たアニメをまとめる

ここ1, 2年で少しずつアニメを見始めているので、覚えているうちに今まで見たアニメをまとめてみようと思う。

現在見ている途中のものも含む。途中でやめちゃったやつは含まない。特に言及がなければ二期があるものは二期も見てます。

順不同(だいたい見た順?)。

映画

こんなもんかなあ。小さいころもう少し見てるだろうけど覚えてない。

TV

こんなんかなあ。また思い出したら追記する。

もともと普通に TV アニメまとめるだけのつもりだったのに気づいたら「アニメ映画全般」入れてしまっていた。*1

でも懐かしいね。いつかマンガとか普通の映画とかもまとめたい。

*1:おかげで夜1時頃に書き始めたのにもう6時

不安定な精神を抱えて。

連投になるけど、今しか書けないことを書く。*1

不安定な精神を抱えている。正しくは、自分の予想では不安定なのは身体的な不調に起因していると考えているので、かならずしも「精神が病的である」とは結びつかないことも併記しておきたいけれど。

ちなみに今は比較的前向きな気持ちでいれる状態。

「抱えている」という表現は本当にそうだ。どういう意図かというと、「自分でコントロールできない」「爆弾のようなもの」みたいな。「2歳児のようなもの」と言ったほうが良いかな(子供をそんなに知らないので正しくない可能性は大だ...)。

「人と比べて『不安定』」というわけではない、ということも書いておきたい。精神に関することを、定量化して人と比較できるような知識は持ち合わせていないし、そもそも人によって状況は違う上に自分の精神について広く共有することが一般的な社会でもないので、ブログという誰でも読めるような場所で「普通より『比較的』不安定」などと言ったところで読む人によって状況は違うので無意味だと思う。自分が言いたいのは「自分でコントロールできない程度不安定な精神を抱えて。」というところか。

ええと、脱線しすぎたかな。

今感じることは、「こいつを抱えて生きるのはなかなか大変だよね」というところ。

「こいつ(不安定な精神)」が発作を起こしている瞬間はもちろんしんどいけど、そうじゃなくて。自分が理想とする生き方を邪魔してきたり。人が変わってしまって取り返しのつかないことをしてしまったり。とにかく自分の場合、「今やりたいこと」ができないことが多くて。

うまくやっているひとはどうやってなだめているんだろう。聞いてみたいよね。

特に「わかってもらえない」とかは思わないけど(わかってもらわなければならない状況にいる人はかなりしんどいと思う)、社会がそういう(「うまく宥められない」人の)状況を考慮した上で回るような仕組みになっているわけじゃないから。だから、それで人付き合いを壊してしまうこともあるし、まあ当たり前だけど「上手に」生きられないことも多いよね。

どうすれば良いんだろう。

*1:この記事は 2018/7/5 の午前1時ころに書かれました