読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平和学習ってもっと良くなるのかどうか教えて下さい

中学生に原爆とか障害について説いたって無駄 - はてな匿名ダイアリー

最初これを読んだ時、「じゃあどうしろと?」と口に出してしまった。 なんかすごく腹立たしかった。ネットの記事を見てこんなに腹立たしかったのは久しぶりかもしれない。

「は?今どきの中学生は、あなたよりは良い子だと思うよ?」

こんなことをしばらく本気で感じてた。 ただ、ちょっと考えてみれば、自分の言い分も増田の言い分と同じくらい根拠が述べられてないってわかる。 いや、あっちは例の「『死に損ない』事件」をきっかけに発言してるんだろうから、僕のほうがかなりのバカか。

で結局、「僕はバカ」という結論に到達した。 この人の意見も大切かもしれない。

まず、僕は4年前に中学校の修学旅行で広島に行き、去年高校の修学旅行で沖縄に行ってきて、当然平和学習もしてきたんだけど、今の平和教育っていうのは確かに大人の自己満足に頼る部分も多いのかもしれない。 特に中学生の時は「平和学習中の生徒はかくあるべき」っていうのをすごく叩き込まれたし、80代のおじいさんがぼそぼそ自分のことを話すだけで、なんかぱっとしなかった。

その時思ったのが、「このおじいちゃん(の世代)が死んだら、未来の中学生はどうやって平和学習するんだろう...」ということだった。

もちろんそのおじいちゃんの話だけじゃなくて、資料館とかにも行ったわけだけど、歴史っていうのは何年も経っていくうちに風化していくだろうし、忘れられていくと思う。

それをできるだけ引き伸ばすのが平和学習なんだろうけど、ちょっとお粗末すぎるなと今になって思うのは、被験者が「自分が感じた恐怖」を最大限に伝えようとして、そこでおしまい、ということ。

恐怖を伝えるだけでは、中学生にとってはただの「怪談」で終わってしまう可能性がある。 もちろん実際に起こったこと、というのは理解してるんだけど、話が終わると「あー怖かった」で終了、みたいな。

それに「こんなに怖いんだから、戦争はダメなんだよ」という理論が、どこまで通じるのか。 なぜ「戦争はいけないのか」ということをもう少し突き詰めて、学生には話すべきだと思う。

それには、こんなこと言っていいのかわからないけど被験者の「被害者意識」を取り除くべきだし、いろいろな人の「戦争がいけない理由」を聞いてもいいと思う。 「戦争がいけない理由」、それはもちろん「恐怖」だけではないはずで、恐怖だけ伝えられても「なんかなあ...」という感じはするよね。