歌詞派、音楽派

好きな音楽の話になったりすると

「私は歌詞がいい曲が好きだなー」

「俺は音楽性重視だから!」

と「歌詞派」「音楽派」に別れたりする。

そして、たいていこの2つのグループは話が合わない。お互いの好きなものを理解できないまま主張しあってその話は終わることが多い。

特に若い人に多いかな?

で、「このアーティストは歌詞派/音楽派に分類される」っていうのもあるようで、結構面白い。

結局、「歌詞」も音楽の特性の一つとして考えると、歌詞派/音楽派の抗争は「どんな特徴の音楽が好きか」という質問まで突き詰められるのだと思う。

「特徴」のなかでわかりやすいものが「歌詞」か「それ以外」かだった。

「歌詞派と音楽派」両方に好まれる音楽はないのか?

...経験上あまり無い気がする...

論理的にはあってもおかしくないはずなのだけれど。

うーん、なぜだろう。