読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Heroku上のGoアプリでCaboChaが使いたくて試行錯誤したお話

お話というかわかったこと羅列。 いつもはこういうことEvernoteに書くんだけど今日はなんとなくブログに書いてみる。 他人のためではない。

  • 検索するとheroku-buildpack-multi使っているエントリが多いが最近のHerokuは標準で複数のbuildpackに対応しているので使わなくて大丈夫。
  • heroku-buildpack-linuxbrewでやってみた
    • libconvがないとダメみたい、dupes/gperf, dupes/libconvと.cellarに書いてインストールしようとするももともとHomebrewがMac用のものの為に、Mac標準のヘッダーファイルを参照しようとしてno such fileエラーが出る。
    • brew editしてもビルドごとに消えるので意味なし。
    • dupes/dcmtkというのがあったので試す。--with-libconvというオプションがあったので指定しようとしたが、.cellarに$$ dupes/dcmtk --with-libconv $$と書くとdcmtkと--with-libconvという二つのパッケージをインストールしようとしてエラーを吐くのでゴミ。しにたい。
  • Dockerはaptも使えずあまりメリットがなさそうなので使いたくない
  • 結局以下のサイトにあるforkを借りて成功。

masawada.hatenablog.jp

GCEに移りたい。もしくはさくら。