すごくない本

「名著じゃない本」を買うのには、ある程度の踏ん切りが必要だと思う。少なくとも僕には。

なんでかって本ってどんなのでもある程度の値段はするし、本はずっと残るし売らない限り本棚を見ればいつもそこに鎮座し続けるということだ。家に来た友達に背表紙を見られる可能性も高い。

そんな「名著じゃない本」「大抵の人にとっては下らない本」が、自分には今必要だ、ということがあると思う。

いや、「あって良い」と思う。

本を買うときにAmazonのレビューや口コミを参考にすることも多い時代だから、そこであまり評価が良くないとすごく不安になる。いつもは評価の良い本しか買わないならなおさら。

でも直感が今こいつを買えと言っている。

なら買えば良い。

人生は「名著で語られるようなこと」ばかりでないと思う。ぜったいに「下らない本」の入り込む余地がある。

そしてそれが後になって思いもよらないところでデジャブになったりする。役に立ったりする。

そういうほうが面白いと思う。

データと統計や素晴らしい成功体験から得られる教訓に支えられた人生も立派だと思うが、実際そうじゃないことも多いだろう。何が役に立つかなんてわからない。だったら面白くたっていい。人と違ったって良い。

そう思って割とどうでもいい本を買ってみたりしている。