「心が叫びたがってるんだ」感想

「心が叫びたがってるんだ」をみました。

はじまり

「嫌です」と精一杯伝えようとするところから始まります。必死でやりたいことがある、かっこ悪くてもやろうとする人はどんな人から見ても魅力的に見える。

そんな成瀬と同じ「ふれ交委員」になった坂上は、ひょんな偶然から成瀬に「心を見透かされているのでは…?」と疑いを持たれます。

そんなことはないのですけれどねw しかしそこで「歌ならできるかも」と気づくきっかけになります。

自分を救い出してくれる、王子様

音楽を通してまさに二人で助け合いながら、伝えたいことをひとつ、紡ぎあげる。

卵と王子様というメタファーはどこから来たんだろう。チャックをした王子様がいて、卵を破った王子様がいた。

もし卵の王子様が自分が作り出したものなら、そこから救い出してくれる王子様だって幻想になる。

その幻想を昇華してからはじめて、喋ることができない、という観念にとらわれない本当の感情をみつけることができた。

そんな気がした。

言葉は傷つけるだけじゃない

「後悔しても、もう取り戻せないんだから」という言葉から、成瀬が言葉を本当に大切にしていることが伝わってくる。

その言葉には痛みがありありとでている。確かに、言葉ってなれると乱暴に振り回してしまったり量産してしまうことが多い。

だから黙っていた。だから、誰も傷つけたくなくて、自分も後悔したくなくて喋らないことにした。

でもそれだけじゃない。リカバリーしあって、許し合って後悔しあって謝り合うことだって僕達はできると成瀬からは教えてもらったし、クラスのみんなも態度で示してくれた。

「その世界は思ってたよりきれいなんだ。」

成瀬はそう締めくくってる。

感想

世界はちょっとずつ変わる。成瀬以外の世界だって、伝えなきゃいけないことは伝えなきゃってみんな思った。

本当に思った。伝えるのには痛みが伴うことも。

言葉はいつだって相手の心に刻まれる。それが傷つけるのか、刺さるのか、包み込むのかわからないけれど、

そして自分の心も変えていくんだ。取り戻せない。どうにかうまくやっていけばいいじゃんってそんなこと忘れそうになるけど、みんな心の中では昨日言われたことや何年も前に言われたことを嬉しいとか悲しいとか、ちゃんとしなきゃとか、そういう感情に昇華して生きてるんだ。

誰も言わないけれど。みんな何らかの卵に閉じこもっていて、その卵に気づいてさえいないけど、ちゃんと自分の言えないことも、まずは見つめようって。

そう教えてくれるストーリーでした。