acomagu's diary

思ったことを書きます。技術的なことは書きません。

君のことを嫌いだといった

君のことを

きみのことを。

さよなら。

さようなら。

もう

姿を見せないで。



耳を塞ぐ代わりに
きれいに作ったお人形
ゼロで初期化された空間
終わりのないy軸

「白に心を許さないで」
あのときあなたはそう言ったから

白さえ消した
色も何も
上下左右もないこの壁の内側で
空白を眺めるまま

眺めたまま

いきている。

*1

*1:三ヶ月前くらいに書いたもののようなのですが、下書きに入っていたのでなんとなく公開してみました