acomagu's diary

思ったことを書きます。技術的なことは書きません。

不安定な精神を抱えて。

連投になるけど、今しか書けないことを書く。*1

不安定な精神を抱えている。正しくは、自分の予想では不安定なのは身体的な不調に起因していると考えているので、かならずしも「精神が病的である」とは結びつかないことも併記しておきたいけれど。

ちなみに今は比較的前向きな気持ちでいれる状態。

「抱えている」という表現は本当にそうだ。どういう意図かというと、「自分でコントロールできない」「爆弾のようなもの」みたいな。「2歳児のようなもの」と言ったほうが良いかな(子供をそんなに知らないので正しくない可能性は大だ...)。

「人と比べて『不安定』」というわけではない、ということも書いておきたい。精神に関することを、定量化して人と比較できるような知識は持ち合わせていないし、そもそも人によって状況は違う上に自分の精神について広く共有することが一般的な社会でもないので、ブログという誰でも読めるような場所で「普通より『比較的』不安定」などと言ったところで読む人によって状況は違うので無意味だと思う。自分が言いたいのは「自分でコントロールできない程度不安定な精神を抱えて。」というところか。

ええと、脱線しすぎたかな。

今感じることは、「こいつを抱えて生きるのはなかなか大変だよね」というところ。

「こいつ(不安定な精神)」が発作を起こしている瞬間はもちろんしんどいけど、そうじゃなくて。自分が理想とする生き方を邪魔してきたり。人が変わってしまって取り返しのつかないことをしてしまったり。とにかく自分の場合、「今やりたいこと」ができないことが多くて。

うまくやっているひとはどうやってなだめているんだろう。聞いてみたいよね。

特に「わかってもらえない」とかは思わないけど(わかってもらわなければならない状況にいる人はかなりしんどいと思う)、社会がそういう(「うまく宥められない」人の)状況を考慮した上で回るような仕組みになっているわけじゃないから。だから、それで人付き合いを壊してしまうこともあるし、まあ当たり前だけど「上手に」生きられないことも多いよね。

どうすれば良いんだろう。

*1:この記事は 2018/7/5 の午前1時ころに書かれました