acomagu's diary

思ったことを書きます。技術的なことは書きません。

可も不可もなく平坦に今日を進むということ

可も不可もなく、いや

ちゃんとしている人からすれば断然「不可」かもしれないけれど。

気持ち的には可も不可もなく、落ち込まず、でも特によくできたぞ自分、と褒めるほどのこともなく。平坦に、凡庸に進んでいく今日この頃(ここ数日)。

こうしてブログを書こうと思ってもなにも書きたいと思うこともないようなそんな日々を過ごしていると、昔読んだ「ブレイブストーリー」の、長いながーい砂漠みたいな道を馬車みたいなやつで緑色のなんかモンスターっぽいやつと一緒にゆったり進んでいくシーンを思い出す。多分初めの方だったよねあれ。

「疲れない日々」が嫌いだったな、とふと思い出した。大学入りたての頃は。

高校まではとにかく部活漬けで、大学に入ったらそれが急になくなってでも「大学生になったらやりたいこと」はたくさんプランがあった頃で、それでなんかやんなきゃもったいないと常に思っていて、とにかくエネルギーが切れるまでイベント参加したり開催したり、留学行ったりいろいろ人巻き込んだりして、でもすぐエネルギー切れ起こしてしばらく引きこもるのを繰り返してた日常。

そのなかでめっちゃ人にいろいろと迷惑かけたのはそうだけど、自分自身も少しずつ、「ああ、自分ってこういうことどうしても苦手なんだな」って体で理解していったりもした。

何回もの「もう二度とこんなことやらない」を経た後にちょっとずつ学んで、まあ言ってしまえば大抵の「意識高い系」活動とかは控えるようになって(傍から見ればそんなにやったわけじゃないかもだけど)、最近はもうすっかり技術しかしない引っ込み思案コミュ障エンジニアとなってしまった。

それは、悪いことだったのだろうか。

ほんの2年前の自分に言わせれば、それは「敗北」であることは間違いないだろう。僕は負けた。ずっと変わりたくてたくさんつらい思いもしたのに「なりたかった自分」の一つにも近づけている気がしない。高校時代のときに見た夢、留学に行くときに見た夢は全部自分が変わる夢で、全部実現することはなかった。それに悲しさとかやるせなさを決して感じないわけじゃない。

でもそれよりも何よりも、今一番にあるのは「諦め」だ。

少しでも理想の自分に近づけると信じていろんなことし続ける中で、「できない悲しさ」とか「やるせなさ」はもう十分すぎるほど感じた。もうそろそろ良いんじゃないかという気持ちだ。正直言ってそれだ。いろいろ理由付けはできるけど何よりも「もう理想と自分を比べて嫌な気持ちになるのに疲れた」ってところだ。その方面で頑張るのに疲れた。いや、行動を起こすたび、ずっと死ぬほど疲れてた。でもなぜか毎回少なくとも数週間経てば謎のエネルギーが湧いてきてた。でもそれも終わったらしい、というか、そろそろ学習したって感じだ。ある人はもしかしたら歳を取ったと表現するのかもしれないけど。

そんなこんなで僕は自分の、半ば自動的な「諦め」に気づいていくなかで意識的に別の方向に目を向け始めている。

自分が苦手なことはなんなのか。今まで目をつぶって「できる、できる」と思い続けてばかりいたせいで実はちゃんと考えていなかったらしい。それから逆に、得意なこと。それらをちゃんと考えて、得意なことを意識的にちゃんとやるようにしている。そしたらいろいろと気づきがあって、得意なことをやるってそれだけですごい楽しいなって改めて思ったり、考えてみたらやりたいことがどんどん出てきたりして、ちょっとの間このままでもいいかなって思ってる。

「希望」だ。「このままでもいい」かもしれない、という本能的な「希望」がそこにあった。大げさな表現かもしれないけれど、ここ数週間は本当に自然に言葉になるくらいじわりとそれを感じていた。

改めて、問いを戻そう。

頑張ることをやめて、ただの「コミュ障エンジニア」に戻ってしまったことは悪いことだったのだろうか。

今はまだ保留としておきたい。ただ、もう少し、希望を持って「こっち」を見てみようかなと思っている。

時間を失ってしまうこと、置いて行かれるんじゃないか、努力してた頃の自分に戻れなくなるんじゃないかとか、拭いきれない不安はまだ正直いろいろあるけど。とりあえず、思い切って。

最近はそんな感じ。