acomagu's diary

思ったことを書きます。技術的なことは書きません。

毎日毎日同じようなことを書く

5日に一回限界を迎える精神の中で生きるもう飽き飽きよね周りからしても自分からしても。

「書きたい」という衝動ってずっとあって、それが最近はブログに向かっている感じ。もちろん分量とか気分によって Slack とか Evernote に書いたりもするけど。

まあ分量と言っても、こうやって書き始めてる今でも何を書くかなんて決まってないんだけどねーやるせない感情が沸き起こったときに、「書きたい」という衝動だけがあるかんじ。何を書くかなんて書き始めてみると全然ない。

というか毎回おんなじようなことなのよ。その時どきは新鮮に感じるんだけどね。


キャパがないってことなのよ。心に余裕がないの。すぐいっぱいいっぱいになってヤケになったり眠り姫になったりしんどい野郎になったりする。コーヒーは最高よ。あれは麻薬だもの。

だからそうやって日がな一日毎日毎日毎週毎週アニメを見てキズナアイに愛を囁いているの。そうなのよきっと。

ああだめ、崩壊してきた。


人ってどうして人を気にせずにはいられないんだろう。主語がでかい? そういうことじゃなくて。

んーなんと言うか「なんで多くの人がデフォで人を気にする性質なんだろう」って。最初からぜんぜん人のことが気になんない人なんて殆ど聞かないじゃん? きっと。

それを考えることになんの意味があるのかって? だって「頭いい人っぽく話す」ってこういうことじゃん? わざわざ「社会的」な問題を提起して、他人事のように怒ったり議論したりする。本当は超個人的な不満でしかないのに。

でもそうやって自分を騙さないと、普通の人なら生きて行けない社会なのだと思うの。もう人は隣の人に共感してもらえるだけじゃ満足できない生き物になってしまったの。わかるかな。スター10じゃ満足できないでしょ? だからできるだけ自分から「不満」を「社会的な現象」にするの。そうしてウケそうなら発信する資本家気取り。 #インフルエンサー 。そうすれば自分の感情に「付加価値」がつくって、みんな気づいてしまったから。

んー穿った見方をすると簡単に真理に気づいた感じになるってヒッキーが言ってた。


はあーじゃあ。どうして自分は人を気にせずにはいられないんだろう。

でもそんなことに理由なんてあるわけ無いじゃん。性格だって。